オストメイト対応トイレを探すには

■ オストメイトJP
日本全国のオストメイト対応トイレ情報を検索できるWEBサイトです。

■ オストメイトトイレ一覧表(兵庫県下650箇所)pdfロゴ up
(公)日本オストミー協会兵庫県支部提供のオストメイト対応トイレ設置場所リストです。
市区町別に掲載されています。
PDFデータにつきダウンロードして、ご活用ください。

■ 車いす・シート・オストメイト対応トイレ設置駅(大阪市営地下鉄)pdfロゴ
大阪市交通局により作成されたオストメイト対応トイレ設置駅の路線図です。
地下鉄及びニュートラムの全駅、市営交通案内コーナー、市営交通アクセスガイド、各区役所、総合医療センター、十三市民病院、住吉市民病院、大阪市立大学医学部付属病院でも配布されているそうです。

 

オストメイト対応トイレと安心して外出するために

日本オストミー協会兵庫県支部 常任幹事 藤井文雄
(「ブーケ」若い女性オストメイトの会 会報Vol.35 より転載)

1.オストメイト対応トイレの始まり
日本初のオストメイト対応トイレ  潰瘍性大腸炎のためイレオストミーになった村山輝子さん(千葉県習志野市)は、平成7年1月に発生した阪神大震災でのオストメイトの惨状(装具・水・トイレ・装具を貼り替える場所がない)を聞いて、私も何とかしなければならないと思い、「オストメイトの理解と、オストメイトはトイレが必要なんです!」ということを訴える手製のパンフレットを作り、自宅から離れた干葉駅前で「知っている人に会いませんように!」と思いながら配り始めました。
 この活動が他市にも広がっていくうちに、習志野市の商工会婦人部の方たちからの寄付と習志野市障害福祉課の協力で平成10年5月、習志野市庁舎に日本初のオストメイト対応トイレが設置されました。【写真上】
 当時はオストメイトトイレの概念がないので、設備は朝シャンドレッサー(水石けん、電気温水器、上下に動くシャワ一ヘッド、自在バルブ)が、排水パイプの所が取り外せて穴が大きかったため、これだったら多少汚物が詰まっても自分で掃除ができるので「これをつけてください」ということになりました。
 その後、日本オストミー協会、行政、トイレメーカー、鉄道会社、高速道路会社などの理解と協力や法律の整備(ハートビル法・バリアフリ一法・バリアフリー新法〈平成18年12月施行〉)、ユニバーサル社会政策により全国に設置が進んできました。
 設置が義務付けられている場所はおおむね設置面積が2,000㎡以上の公共の人が出入りする建物(公衆トイレは50㎡以上)で、新築、増築、改築、用途変更の場合です。大規模小売店にも設置が進んできたので、安心して買い物ができるようになりました。高速道路のSAでは既設トイレの便房にオストメイト設備を増設した所もあり、和式便器とオストメイト設備が同居している光景も見られます。また、オストメイト設備単独の便房もあります。これらはオストメイト専用トイレなので時間を気にせずに作業ができるのでgoodです。 東名高速道路浜名湖SAの例
2.オストメイト対応トイレの種類
パウチ・しびん洗浄水栓 シンボルマーク パウチ・しびん洗浄水栓
 洋式便器に取り付けられている初期の設備で、鉄道会社の駅などに多く設置されています。便座を上げてパウチをすすぐことができますが、滞水面から水栓までの間隔が10cmしかなく、パウチから捨てた汚水でパウチや手が汚れたり、便器に付着した尿や汚物で衣類が汚れることもあり、不自然な姿勢での作業になります。
便器式簡易型 シンボルマーク 便器式簡易型
 洋式便器に取り付けられていますが、洗浄ノズルは未使用時には水タンクの側面や便座背もたれ内部に収納されていて、使用時に水タンク前面に引っかけたり、竿を倒してパウチをすすぐことができます。吐水口が高いので水勢が強いと便器や床面に水が飛び散り使用後の後始末が大変なので、水を少なめに出すのかコツです。シャワーヘッドを壁面に引っかけているタイプの物もありますが、固定できないので手がもう一つ欲しい感じがします。家庭用として電気温水器とセットのパウチクリーンという製品もあります。
洗浄流し(汚物流し) シンボルマーク 洗浄流し(汚物流し)
 水栓と混合水栓で温水が出るものがあり、本格的なオストメイト対応設備です。楽な姿勢(立位)で汚物を捨てる。パウチをすすぐ、取替える。ストーマの回りを拭く、装具を貼り替えたり汚物で汚れた衣服を洗ったり身体を拭くことができます。温水が出ない水道水のみの場合は水勢が強く、飛び散るものがあるので気をつけましょう。また冬季にはパウチが硬化してすすぎにくく、汚れも落ちにくいです。
シンボルマーク 洗浄流し(シャワー)
 上記の洗浄流しに加えてシャワーヘッドが設置されています。流しの縁に腹部を当てて汚れたストーマや腹部を洗うことができます。温水が出るので汚れが落ちやすいし、特に冬季には助かります。まれに水しか出ないものがあります。大多数の設備がこのタイプです。最近はデザインの良い新型もチラホラ設置されています。見た感じが良いのと洗浄水量が少なくて省エネタイプなので優れていますが、縁が弓形に出張っているものは腹部を強く押し付けないと横から温水が漏れやすいです。逆に多少凹面の物はフィットしやすいです。 洗浄流し(シャワー)
ジャワメイト シンボルマーク ジャワメイト
 洗浄流し(シャワー)(温水)の機能プラス押しボタン操作により洗浄流しの高さが可変(60cm~80cm)できる物があり、ストーマの高さに合わせて調節して使用できて、縁も凹面に湾曲して腹部にフィットしやすく楽に作業ができます。デザインも汚物流しのイメージはなく、オストメイト対応トイレのユニバーサルデザインです。設置数は洗浄流しの物に対して少なく、特に兵庫県以西ではあまり見かけません。
※洗浄流し(汚物流し)以外に必要な設備
 健常者が外出時に公共のトイレを利用する場合でも、便器があるだけでは不便で荷物置台やフックがあれば便利ですが、オストメイトもそれなりの付属設備が必要です。
水石けん、ペーパー、カウンター(装具や用品を置く)、ダブルフック、化粧鏡、汚物入れBOX、衣服・手荷物用フック、収納式着替え台(フィッティングボード)など
3.オストメイト対応トイレの使い方(洗浄流しの場合)
 オストメイトや必要な人が自分に便利な方法で自由に使えばよいのですが、一般的な使用方法について書いてみます。
※コロストミー、イレオストミーの方向けに書いている部分もあります。
汚物を捨てる ① 汚物を捨てる
 この作業は洋式便器でもできますが、健常者の排便に比べて排泄口が腹部にあり高いので、上着を脱いだり便器に横座りしたりして衣服や身体を汚さないように細心の注意が必要ですし、不安定な姿勢での作業になります。洗浄流しを使えば立位で楽に捨てることができます。捨てた便が陶器にこびり付いて洗浄水を流しても残ることがあるので、トイレットペーパーを短冊形に折りたたんで流しの縁から垂らしたり【写真右】、水溜りに捨て紙をしてその上に出せば後始末が楽です。
② パウチをすすぐ、取替える
 ワンピースドレーンタイプはシャワーヘッドを使います。ツーピースタイプの場合はパウチを外してすすいだり洗えます。温水の温度が高いほど汚れが落ちやすいです。温水器の貯湯量は3リットルの物が多いので、出湯量が多いとだんだん冷たくなります。再加温は20分程度かかります。
 ストーマから便が出そうな時は下半身の衣服を脱いだり、陶器の縁に腹部を当てます。あらかじめ「赤ちゃんのおしり拭き・お出かけ用・トイレに流せる」などで陶器を拭けば清潔です。汚物入れが備え付けられていても、汚れたパウチを入れて捨てるためのポリ袋は必携です。
③ 面板を取替える、腹部を洗い流す
 水石けんで腹部を洗い、シャワーで洗い流します。化粧用コットン等(便器に流さないこと)があれば便利です。
④ 汚れた衣服を拭く、すすぐ
 濡れた衣類はペーパーを折りたたみ裏表に当てて押えたり、壁面に押し付けたりして水分を取ると早く乾きます。
4.オストメイト対応トイレのもう一つの効用・・・それは安心感です
マーク  皆さんの中には外出中に便や尿が漏れたり、衣服が汚れた方もいると思います。またはパウチが破裂しそうになりハラハラしたり、長時間の外出を控えたり、外出する時には食事制限をしたり、美味しいものを食べたいけれどがまんしたりと、いろいろあると思います。外出中に緊急事態が発生した時にはくさい、汚い、はずかしい・・・と、パニックになり、その場から消えてしまいたいと思います。もしオストメイト対応トイレがある場所をあらかじめ知っていれば、とにかくそこへ逃げ込めます。逃げ込んでから一息ついて気持ちを落ち着けると、何とかはすかしくないような処置ができるものです。外出する時にオストメイト対応トイレの設置場所を把握しておけば、万一の時にも何とかなると思って安心して外出しましょう。
 ストーマとは仲よく一生付き合っていかなければなりません。経験のない人も一度はオストメイト対応トイレに入ってどのような設備があるかを見たり、水栓をひねってお湯を出して確かめておきましょう。
5.オストメイト対応トイレの参考情報
■ 統計資料では
 日本オストミー協会の調査やブーケアンケートによると外出時に不安を感じることがある人はオストメイト全体の64%~70%で、公共の建物にオストメイトトイレを設置して欲しい要望は42%~45%あります。一方オストメイト対応トイレを知っている人は92.5%でほとんどの人が知っていますが、よく利用する、時々利用する人が39%です。これからも設置場所の増加や周知が進むことにより使用する人が増えて不安感の解消や環境の向上に役立つでしょう。
≪引用≫・ブーケアンケート[2005][2009]
・日本オストミー協会 オストメイト生活実態基本調査報告書[第5回平成16年8月][第6回平成19年8月]
■ Web情報
 「オストメイトJP」のサイト: http://www.ostomate.jp/では全国のオストメイト対応トイレの設置場所(地図を含む)や利用時間等の情報を検索できます。
携帯版は http://m.ostomate.jp/です。但し、設置先詳細や機能詳細が記入されていない場所は要注意です。確認された方は積極的に投稿して安心できる内容にしましょう。
 他に「みんなでつくるユニバーサルデザイントイレマップ チェック ア トイレット」のサイト:http://www.checkatoilet.com/があります。こちらはユニバーサルトイレの情報で、前述の「オストメイトJP」より新しいサイトなので、オストメイト対応トイレの情報は極端に少ないですが、写真を掲載できます。積極的に登録し、育成していきましょう。(後に続くオストメイトの役に立ちます)
和式トイレ ■ 和式トイレでは?
 外出先で和式トイレしか見つからない時は汚物の処理に困りますが、トイレの床がきれいな場合には便器の外側にペーパーを折りたたんで敷き、膝をついて汚物を流すのも一つの方法です。【写真右】 

 

矢印このページのTOPへ

| ご利用規約 | このサイトについて | 運営団体

Copyright © 2013 Jwocm All rights reserved.